#6 かけがえのない昨日とまだしらないあした

緊急事態宣言が出されてから一ヶ月。

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

私は職種的に人との対話が第一な仕事で 、ショッピングセンターの中の専門店という括りのお店ですが、緊急事態宣言を受けてお店がずっと休業、

営業再開のめどが未だ立っていない状態です。


こうも突然当たり前の日常って簡単に奪われてしまうものなのですね。

あっけなくて、儚くて。


ありきたりな言葉ですが、失ってから初めてその大切に気づくのですね。



この自粛期間では、勿論自宅で過ごしておりますが、

自分と向き合う時間を作ることを心がけています。

部屋の掃除をしたり、楽器の基礎を練習し直したり、

過去に読んだ本を読み返したり…。

こうやって言葉を紡ぐ事でも自分と向き合っている大切な時間の一つです。

言葉にしてみて、初めて気づくこともありますし、、


ありがたいことに、このブログも少しづつですが見てくださる方が増えてきて、嬉しい限りです。

また、この言葉選びを褒めてくださる方も時折いらっしゃって、ほんとに恐縮でございます。


恐らく、この言葉選びの素となっているであろう、 僕が好きな言葉を紡ぐ方を、

僭越ながらここで紹介させて頂こうと思います。



僕が何度も眠る前に読む本があります。 それは


夏生 さえり 著 「今日は、自分を甘やかす」という本です。


もともとさえりさんは、twitterで妄想ツイートなどを投稿していて、現在ではフリーランスの傍ら、chocolateというコンテンツスタジオに就き、

ワクワクするような作品をつくる仕事をされています。


きっと、色んな経験や、思っていることがそのまま言葉になったり、物語になったり

そしてひとつの「作品」になっていくんだと思います。

自分の気持ちが落ち込めばそこまでだし、自分から楽しいところへ行こうとすれば自ずと周りがパァっと、明るくなるような気がします。


そんな当たり前のようで、だけど忘れやすいものを大切にしている姿勢、とても素敵です。

ブログの最後に、紹介させていただいた本のamazonのリンクと、

さえりさんが企画、脚本を担当した動画のリンクを貼っておきます。

特に動画は少し長いですが、最後まで見て欲しいです。

記憶を消して、何度でも見たい作品ですし、改めて見るとまた違った見方ができるような、そんな動画です。

どちらも是非チェックしてみてくださいね。


まだまだ自粛期間が延びそうではありますし、どうしても気分が落ち込む事お知らせばかりなこの頃ですが、


沈みすぎず、


自分を見つめ直し、


「普通」を取り戻す頃には

ワンランクステップアップした自分に出会えるように。



最後に、さえりさんの言葉の中で特に好きな解釈をしている言葉をお送りして〆ようと思います。

僕自身が友達を励ます時にも時折送る言葉でもあります。


------------------------


ケ・セラ・セラって言葉をご存知ですか。

「…きみががんばろうとがんばるまいと、結果はもう決まっているんだよ。

だったら、『うまくやろう』なんて思わずに、楽しめればいいんじゃない?」

(中略)「失敗するかもしれない、うまくできないかもしれない、けれどそれももう決まってることだ。

『楽しみながら、やるだけやってみよう』。こう思えるようになれば、いつもどおり、いやいつも以上にのびのびとがんばることができる。



「大丈夫、なるようにしかならないよ。」




************



夏生 さえり 著 「今日は、自分を甘やかす」 https://amazon.co.jp/gp/aw/d/4799320629/ref=tmm_pap_title_0?ie=UTF8&qid=1588504269&sr=1-1…




夏生 さえり 企画・脚本 「もう限界。無理。逃げ出したい。」

https://youtu.be/XGL2n1yCY1I

  • LINE公式アカウント
  • facebook
  • Instagram
  • YouTubeホーム
  • Hilarious

© 2020 Wix.com で作成されたホームページです。  ホームページ上の画像、音源を無許可で保存、転載等する行為を固く禁じます。

​お問い合わせ等はこちらまでお願いいたします。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now