#2 冬至の朝

最終更新: 2020年5月7日

なんとなく、冬が好きなゆーまです。


朝自転車で行動することが多いですが、7時から8時になるくらいの日の光でコンクリートが温まり始めるくらいの空気感が好きです。共感してくれる方は果たしてどれくらいいらっしゃるものか,,,。

特にその時間の踏切と電車が好きで、この時間帯だけ近隣の「開かずの踏切」で踏切が開くのを待つ時間も悪くないなと思います。

こんな感じで、ふとした時の空気感が「好き」って思うことが結構あって、なんだかその時間を感じ、過ぎ去ったあとはひとりでに寂しくなったりします。

「美しく咲く花は、散るからこそ美しい。」とは、よく言ったものです。

冬は特に日陰の寒さの物悲しさと、日向の暖かな希望が交差しているようで。

それが特に冬至の頃から顕著に感じるようになるんですよね。

それと同時に「ああ、もう今年も終わるんだな」って。笑


,,,以上、自分が好きと感じる場所のお話でした。


そんなこんなでもうすぐ春がやってきます。

初雪が降ったものの、それをこの目で見れていないのが残念です。

一週間もしないうちに、暦の上では立春。

それを過ぎてからゆーまはスキーに行く予定を立てていますが。笑


また怖い病気も流行り始めています。

自身の体調に気を付けながら乗り切りましょうね!